date_select

日付選択ボックス(date_select)

説明

日付の入力に特化した選択ボックスを生成

date_select

適応バージョン
  • 1.0.0
  • 1.1.0
  • 1.1.1
  • 1.1.6
  • 1.2.0
  • 1.2.6
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.3
  • 2.1.0
  • 2.2.1
  • 2.3.2
  • 2.3.8
  • 3.0.0
  • 3.0.5
  • 3.0.7
  • 3.0.9
  • 3.1.0
  • 3.2.3
  • 3.2.8
  • 3.2.13
  • 4.0.0
  • 4.1.0
  • 4.2.1
使い方
date_select(オブジェクト名 プロパティ名 [, オプション])
使用できるフォームタグ
  • form_tag
オプション
オプション説明
:use_month_numbers月を数字で表示
:use_two_digit_numbers月と日を2桁表示
:use_short_month月名を省略形で表示
:add_month_numbers数値 + 月名表示
:use_month_names月名をカスタマイズ
:month_format_stringSet to a format string. The string gets passed keys :number (integer) and :name (string). A format string would be something like “%{name} (%02d)” for example. See Kernel.sprintf for documentation on format sequences.
:date_separator年月日の区切り文字
:start_year開始年
:end_year終了年
:discard_day日の選択ボックスを非表示
:discard_month月の選択ボックスを非表示
:discard_year年の選択ボックスを非表示
:order並び順を指定
:include_blank空を含めて表示
:defaultデフォルトの日付を設定
:selected優先した設定
:disabled選択を無効
:prompt選択値の一番上を指定
:with_css_classesスタイルを変更するタグの設定
:discard_type名前の型を破棄
:prefix名前の接頭辞を設定
:sizeフォームの幅
:maxlength入力フィールドに入力可能な最大文字数
:acceptフォームで受付可能なMIMEタイプ
:readonlyフォームの内容変更禁止
:disabledフォームの項目の利用禁止
:tabindexTabキーによる入力欄の移動順
:accesskeyフォームに移動するショートカットキー
:id要素固有の識別子
:class要素を分類するクラス名
:title要素の補足情報
:style要素の補足情報
:dir表記方向
:lang基本言語
基本形(オプションなし)
<%= datetime_select_tag :page, :updated_at %>
生成されるHTML
# <select id="page_updated_at_1i" name="page[updated_at(1i)]">
# <option value="2006">2006</option>
--- 省略 ---
# </select>
月を数字で表示
<%= datetime_select_tag :page, :updated_at, :use_month_numbers => true %>
生成されるHTML
# <select id="page_updated_at_1i" name="page[updated_at(1i)]">
# <option value="2006">2006</option>
--- 省略 ---
# </select>
月名を省略形で表示
<%= datetime_select_tag :page, :updated_at, :use_short_month => true %>
生成されるHTML
# <select id="page_updated_at_1i" name="page[updated_at(1i)]">
# <option value="2006">2006</option>
--- 省略 ---
# </select>
数値 + 月名表示
<%= datetime_select_tag :page, :updated_at, :add_month_numbers => true %>
生成されるHTML
# <select id="page_updated_at_1i" name="page[updated_at(1i)]">
# <option value="2006">2006</option>
--- 省略 ---
# </select>
年の範囲を2011から2013で10分間隔
<%= datetime_select_tag :page, :updated_at, :start_year => 2012, :end_year => 2013, :minute_step => 10  %>
生成されるHTML
# <select id="page_updated_at_1i" name="page[updated_at(1i)]">
# <select id="page_updated_at_1i" name="page[updated_at(1i)]">
# <option value="2010">2010</option>
--- 省略 ---
# </select>
ソースコード
ソースコード検索

f.date_select

適応バージョン
  • 1.0.0
  • 1.1.0
  • 1.1.1
  • 1.1.6
  • 1.2.0
  • 1.2.6
  • 2.0.0
  • 2.0.1
  • 2.0.3
  • 2.1.0
  • 2.2.1
  • 2.3.2
  • 2.3.8
  • 3.0.0
  • 3.0.5
  • 3.0.7
  • 3.0.9
  • 3.1.0
  • 3.2.3
  • 3.2.8
  • 3.2.13
  • 4.0.0
  • 4.1.0
  • 4.2.1
使い方
f.date_select(プロパティ名 [, オプション])
使用できるフォームタグ
  • form_for
オプション
オプション説明
:use_month_numbers月を数字で表示
:use_short_month月名を省略形で表示
:add_month_numbers数値 + 月名表示
:use_month_names月名をカスタマイズ
:date_separator年月日の区切り文字
:start_year開始年
:end_year終了年
:discard_day日の選択ボックスを非表示
:discard_month月の選択ボックスを非表示
:discard_year年の選択ボックスを非表示
:order並び順を指定
:include_blank空を含めて表示
:include_seconds秒数選択ボックスを表示
:defaultデフォルトの日付を設定
:disabled選択を無効
:prompt選択値の一番上を指定
:discard_type名前の型を破棄
:prefix名前の接頭辞を設定
:sizeフォームの幅
:maxlength入力フィールドに入力可能な最大文字数
:acceptフォームで受付可能なMIMEタイプ
:readonlyフォームの内容変更禁止
:disabledフォームの項目の利用禁止
:tabindexTabキーによる入力欄の移動順
:accesskeyフォームに移動するショートカットキー
:id要素固有の識別子
:class要素を分類するクラス名
:title要素の補足情報
:style要素の補足情報
:dir表記方向
:lang基本言語
ソースコード
ソースコード検索