mysqladmin

データベースの作成(mysqladmin)

説明

GUIによってMySQLデータベースを管理するソフトウェア

使い方

$ mysqladmin -u root crete プロジェクト名_環境 [オプション]
環境
開発用環境development
テスト用環境test
本番用環境production

オプション

オプション説明
-c, --countコマンドの実行反復回数。これは--sleepオプションでのみ作動
-#, --debug[=name]デバックログを出力する
-f, --force強制的にデータベースを作成する
-C, --compress双方が圧縮をサポートしている場合、クライアント・サーバ間で行きかう情報を全て圧縮
--character-sets-dir=nameキャラクタ セットがインストールされるディレクトリ
--default-character-set=nameMySQLサーバのキャラクタセットを指定
-?, --helpヘルプの表示
-h, --host=nameMySQLサーバのホスト名(またはIPアドレス)
-p, --password[=name]サーバに接続する際のパスワードの指定
-P, --portMySQLサーバのポート番号を指定する
--protocol=name使用するべき接続プロトコル
-r, --relative--sleepオプションと使用された場合の現在値と以前の値の差異を表す
-O, --set-variable=name変数をセットする
-s, --silentサーバとの接続が確立できないときは閉じる
-S, --socket=namelocalhostの接続用に使用する、ユニックスではソケットファイル
-i, --sleepスリープ
--sslSLを介してサーバに接続し、SSL キーや証明の場所を明示するか否かを指定
--ssl-ca=name信頼された SSL 認証局 (trusted SSL CA) の一覧があるファイルのパス
--ssl-capath=namePEM 形式の信頼された CA 証明書を保存しているディレクトリのパス
--ssl-cert=name接続安全を確立するために使用する SSL 証明書ファイルの名前
--ssl-cipher=nameSSL 暗号化に使用できるサイファ (暗号) の一覧
--ssl-key=name接続安全を確立するために使用する SSL キー ファイルの名前
--ssl-verify-server-certサーバに接続するときに使用するホスト名に対して、サーバ証明書の Common Name 値を検証するようにするオプション
-u, --user=nameサーバに接続する際使用するMySQLユーザ名
-V, --versionバージョンの表示
-E, --verticalVerbose モードプログラムの動作についてさらに情報をプリントアウト
-w, --wait[=#]接続が確立できない場合、アボートせずに休止してから再トライ
--connect_timeout接続タイムアウトまでの最大秒数
--shutdown_timeoutサーバがシャットダウンするまで待つ最大秒数

設定項目

設定項目説明デフォルト値
adapter使用中のデータベースの種類をRailsに通知なし
databaseデータベースの名前を指定なし
usernameアプリケーションがデータベースにログインするときのユーザ名root
passwordアプリケーションがデータベースにログインするときのパスワード
hostデータベースを実行しているマシンlocalhost
port接続先のポート番号3306
encoding文字のエンコーディングなし

プロジェクト名「test」環境「開発用環境」データベース「MySQL]で作成
$ mysqladmin -u root crete test_development
config/database.yml

development:
  adapter: mysql
  database: test_development
  username: root
  password:
  host: localhost

参考サイト