Railsドキュメント

表示させるviewファイルを指定して表示

適応バージョン

説明

表示させるviewファイルを指定して表示

使い方

render(表示方法 [, オプション])

表示方法

表示方法 説明
:action 他のアクションのテンプレートを表示
:partial 部分テンプレートを呼び出して表示
:template テンプレートを指定して表示
:text 任意のテキストを指定して表示
:xml 指定したテキストを表示し、コンテンツタイプをapplication/xmlに設定
:json 指定したテキストを表示し、コンテンツタイプをtext/x-jsonに設定
:update ブロックで処理を行い表示
:file ファイルを指定して表示
:inline ビューとするソースコードを直接指定
:plain 平文テキストを表示
:html HTML文字列を表示
:js JavaScriptを表示
:body 生のコンテンツを表示

オプション

オプション 説明
:content_type content-typeを変更
:layout レイアウトを指定
:location HTTPのLocationヘッダーを設定
:status ステータスコードを制御
:formats フォーマット指定

注意点

render :action

説明

他のアクションのテンプレートを表示

使い方

render(action: "アクション名" [, layout: レイアウト名])

「_new.html.erb」を表示
render action: "new"
他のレイアウトを使用
render action: "new", layout: "user"
レイアウトは使用しない
render action: "new", layout: false

render :template

説明

他のコントローラのテンプレートを表示

使い方

render template: コントローラ名/アクション名

他のコントローラのテンプレートを表示
render template: "user/show"
templateを省略
render "user/show"

render :file

説明

アプリケーション外のテンプレートを表示 「/」で始まる場合はファイル出力と認識するので、fileオプションは省略可能

使い方

render file: ファイルパス

「/common/template/index」を表示
render file: "/common/template/index"
fileを省略
render file: "/common/template/index"

render :text

説明

文字列を直接表示

使い方

render text: "文字列"

レイアウトを適用
render text: "文字例", layout: true
エラーメッセージの表示
render text: "文字例", status: 500
「hello world!」を表示
render text: "hello world!"
文字列とstatusコード500を返す
render text: "Explosion!", status: 500
レイアウトを使用して文字列を表示
render text: "Hi there!", layout: true

render :partial

説明

部分テンプレート

使い方

render partial: "部分テンプレート名"

_page.rhtmnlを使って表示
render partial: "page"
部分テンプレートを繰り返し表示
render partial: "user", collections: @users
部分テンプレートにローカル変数を渡す
render partial: "user", locals: { val1: xxx, val2: xxx }

render :inline

説明

アプリケーション外のテンプレートを表示

使い方

render inline: テンプレート文字列

現在の時刻を表示
render inline: "<%= Time.now %>"

render :xml

説明

指定されたテキストを表示し、コンテンツタイプをapplication/xmlに設定

使い方

render xml: モデル or 文字列

pagesテーブルの内容をXML形式で出力
@pages = Page.all
render xml: @pages

render :json

説明

指定されたテキストを表示し、コンテンツタイプをapplication/xmlに設定

使い方

render json: モデル or 文字列

pagesテーブルの内容をJSON形式で出力
@pages = Page.all
render json: @pages

404コード
render nothing: true, status: 404

render :plain

説明

平文テキストを表示

使い方

render plain: 文字列

OK
render plain: "OK

render :html

説明

平文テキストを表示

使い方

render html: 文字列

Not Found
render html: helpers.tag.strong('Not Found')

render :js

説明

JavaScriptを表示

使い方

render js: 文字列

JavaScriptを表示
render js: "alert('Hello Rails');"

render :body

説明

生のコンテンツを表示

使い方

render body: 文字列

JavaScriptを表示
render body: "raw"

その他

renderを複数使用

説明

renderを複数回呼び出すとエラーになるため、条件分岐した後「and return」で明示的に終了させる

使い方
render オプション and return

ソースコード